調剤薬局に転職をお考えの方は必見です!

調剤薬局薬剤師 > 調剤薬局薬剤師求人のデメリットとは?!

調剤薬局薬剤師求人のデメリットとは?!

新卒で就職先を探す新米薬剤師が、必ずと言って良いほど希望する就職先は調剤薬局です。 スキルを高めたり、薬剤師としてスキルアップしていきたいと考えているのであれば、確かに調剤薬局での勤務は適しているとえるでしょう。

ただし、いくつかのデメリットが存在しますので、事前に把握しておく必要があるといえます。では、代表的なデメリットについて3つご紹介していくことにしましょう。
パート薬剤師の求人サイトのオススメは?

1つ目は、収入的に安定しているとはいえ、その後大きな収入を得ることは難しいということです。 一般的な大学卒業後の初任給を考えると、薬剤師の場合、資格手当がつきますので、収入としては大変恵まれているように見えます。 しかし、平均で年収600万円ちょっとというのが限界だと言えるでしょう。
http://www.faca.info/

2つ目は、未経験者の就職が困難になってきているということです。昨今、薬剤師が溢れてきていることが問題となっていますが、そのためか、雇用条件が良い調剤薬局にはかなりの数の応募が殺到しています。 また、積極的に新卒や未経験者を募集している調剤薬局は数が少ないため、調剤薬局で働いた経験がない人や、新卒が就職することが難しくなってきているのです。

最後の3つ目は、転勤がないケースが多いため、様々な場所で経験を積みたい人には向いていないということです。

調剤薬局でも、全国展開しているような大きな薬局であれば、転勤することがあるといえます。しかし、地域密着型の比較的小規模な調剤薬局では、転勤などがないため、様々な地域や職場でも働いてみたいと言う人には向いていないといえるでしょう。

以上、調剤薬局で働くデメリットについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。人によって価値観に違いがあるため、デメリットをメリットと捉える人もいるでしょう。 つまり、最終的にどのような薬剤師として活躍したいのかによって、感じ方に違いがあるということです。

今後は、ますます薬剤師が増えていくといわれていますので、これから調剤薬局へ就職することは、より困難になるかもしれません。 今一度、調剤薬局で働きたい本当の理由を明確にし、メリットとデメリットをよく理解した上で就職を希望することをおすすめします。